銀行口座の開設

株式会社設立後に必要となる銀行口座の開設

株式会社設立をするのはそれほど難しいものではありません。
法令で決まっているとおりに手続きを行えば良いのですから、誰にでもできるものだと言っても良いでしょう。
ただ、ずさんに行っているといろいろなトラブルが起こることもありますから注意が必要です。
たとえば、株式会社設立はしたものの、銀行口座を開設できないと言ったことにもなりかねませんから注意が必要です。

個人が銀行を利用しようと思った場合、身分証明書と印鑑があれば簡単に開設ができます。
しかし、会社として開設しようと思った場合には審査があり、審査に通らなければ開設することはできませんから注意が必要です。
申し込みをしたものの、拒否されたと言うこともあり得ることです。
特に最近では悪質な詐欺のために口座が利用されると言うこともあって、銀行側も慎重になっていることは否定できません。
少しでも怪しい企業であるという雰囲気を出せば、拒否されると考えておいた方が良いです。
拒否されるケースとして資本金が少なすぎることがあります。
会社法が施行され、資本金に関する規制はなくなりました。
そのため、たとえば1万円の資本金で株式会社設立をすることも可能になりました。

しかしながら、資本金が1万円しかない会社なら、銀行は信用しないでしょう。
やはり最低でも100万円から500万円くらいの資本金は用意したおいた方が良いです。
また、何をやっているのか分からないような企業なら口座開設を断れる可能性が高いです。
何をやっているのかが分かるように、事業目的を明確なものにしておくことは大事なことだと考えられます。
明らかに怪しい事業が目的とならないようにすることが必要ですし、曖昧な表現をするのは良いことではありません。
たとえば、セキュリティという言葉があったとしても、これが防犯という意味なのかコンピュータに関するものなのか分かりませんから、銀行としては判断に困るでしょう。
大手の銀行ならその辞典で断られることになります。

株式会社設立をすれば会社としては法的に存在できますが、銀行口座がないと実際に取引を行うことは難しいでしょう。
個人の口座を使うのも会社のイメージダウンにつながりますから、できないわけではありませんが勧められたものではありません。
安易な気持ちでコストを抑えて株式会社設立をすると、銀行口座を開設できなくなることもあり得ることですから、そうならないように、設立する前に銀行に相談しておくことも必要です。

最新記事

  • 株式会社設立を計画する時に補助金の相談を 株式会社設立と言うのは、株式会社として定款を定め、公証人役場で定款の …

    補助金の相談を